透析クリニック勤務

トップ > 看護師の仕事内容の違い > 透析クリニック勤務

透析クリニック勤務

30代女性
外科病棟2年、老人ホーム1年、透析3年

当直を含む3交代勤務で残業なし

私は現在透析室で勤務しています。
外科病棟2年、老人ホーム1年、透析クリニック3年の勤務経験があります。
透析クリニックですが、当直を含む三交替勤務を行っています。
シャント手術が行える手術室、入院病棟もあり個人クリニックにしては大きくスタッフも多いです。
ルーティンで動くので休憩はしっかり取れます。残業もほとんどありません。

資格は実務経験後に取得

慢性腎不と透析についてはもちろんのこと糖尿病、虚血性心疾患、脳血管疾患などさまざまな病気や合併症を抱える患者さんが多いので自然とこの分野の知識が身に付きます。
また、毎日7人前後の穿刺を行うので穿刺スキルはめきめき上達します。血圧低下によるショックなどの急変も多いので急変時の対応も身に付きますよ。
15~17Gの太い針で穿刺することはこの科ならではだと思います。また、患者さんとは週3回顔を合わせるので継続看護がしやすいです。
糖尿病療養指導士、透析技能認定士、透析療法指導看護師、透析療法認定看護師などなど資格がありますが、これらは受験に実務経験が必要なのでこれから透析業界に入るかたはもっていなくて当然の資格です。
それ以外ではフットケア指導士があると処置施行により点数加算ができるので病院で喜ばれるかもしれません。

ママさんナースにおすすめ

この科のメリットは、透析を通しで全身状態を見れるようになり、アセスメント力がつきます。残業がないのでママさんナースも無理なく仕事を続けられます。
しかし、透析患者さんですのでとにかくキャラが濃いんです。とくに糖尿病性腎症で透析導入となった患者さんは癖が強くて、看護師も対応に困ってしまうこともしばしばです。
そして、週3回同じ患者さんが転院や死亡しない限りやってくるので、嫌な患者さんともずっとかかわらなくてはならないことは少し苦痛です。
ともあれ、じっくり患者さんと関わりたい人や仕事とプライベートをしっかり分けたい人にはおすすめします。
私は、この科で勤務して性期看護の面白さと大変さを学びました。今後は、病棟の腎臓内科で働いてみたいです。また、透析導入となる前の患者さんを看てみたいです。